メルカリで高くうるコツ

高く売る

上手に値段を設定しよう

メルカリを利用して不用品を販売する際、つい満足感が強い値付けをしてしまいたくなりますが極めて希少性が高い品ではない限り高すぎる金額に設定するのはナンセンスです。

一方安くし過ぎるのは愛着があった物であるため躊躇しますし、収益になったとしても心には引っかかりが残ってしまいます。

そうした事態になるのは相場が理解できていない事が要因なので、限定品などではない現行型ならメーカーが希望している小売価格を確かめてから実際に店頭で販売されている額を調査してください。

値段

そうするとおおよその額がイメージできますし、最終段階として既に同一のアイテムの出品の有無を確認し同じ物より若干低価格にして出品するとお互いに納得できるようになります。

インパクトのあるタイトル名をつける

商品紹介のタイトルは単なる見出しではなくウェブサービスを構築しているアルゴリズムにも関与してくる重要な事項なので、いかに仕組みを理解して効果的な名付けができるのかがポイントになります。

タイトル

そこで満たすべき条件は、求めているユーザーが検索すると予想されるキーワードを意識して追加していく事です。

つまり大人の女性が着用すると似合う衣類を出品するのなら、フォーマルといった文言や膝丈というように使うシーンが想像できるワードを組み込みます。

また、複数の品を出品中である場合には他のアイテムと合わせて購入すると割引してもらえるといった案内を盛り込むのも有益性があります。

さらに現行品ではなくビンテージなら見出しに年代を書き記すと、特定の時代の衣類や小物を好む方々が製造年に惹かれてアクセスしてもらえる可能性が高まります。

そして販売されている品々の多くが一度人の手に渡った物だからこそ、美品や新品という単語は目を引くきっかけになります。

重要!商品の写真撮り方テク

撮影
実際に手に取れないからこそ判断は写真だけが頼りなので、対象物を撮影するのはいくつもの設定項目の中で最重要点です。

お洒落にした方が良いと考えられがちですが、作品を撮るわけではないのでいかに正しい色味で表現できて細部まで見られるのかが大切です。

そのためしっかりと照明を使って明るく照らして、フレームからはみ出てしまいそうな程大きく写すようにしましょう。

ただし拘りすぎる必要は無いものの雑然と置かれている状態で写すと生活感が出過ぎるので、本来なら売れるのに売れ残ってしまう懸念があります。

最低でも対象だけが枠内に入っている状態にして、背景と底面は模様や私物がフレームインしてしまわないように気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です