メルカリを利用する点で気を付けるポイント

ポイント

こんな商品や出品者には注意

メルカリを利用する場合は、商品や出品者を見て気を付ける必要があります。

ポイントは商品の写真や説明などで、情報が不十分だと感じる時は要注意です。

例えば中古品なのに中身の写真がなかったり、箱だけを掲載してる出品者には疑問符が付きます

箱を見てパッケージ一式を購入したつもりが、実際は箱のみで箱しか届かないトラブルが起こっていますから、掲載情報の不足は特に注意すべきポイントです。
トラブル

不明な点を問い合わせても返事がない、あるいは時間が掛かる出品者もリスクが高めです。

取り引きに必要な情報の不足は、後で認識の相違や言った言わないのトラブルに発展するので、購入前に念入りに確認することが重要です。

評価は客観的な判断材料になるので、悪い評価の割合が多い人とは距離を置いた方が良いでしょう。

ただイタズラで悪い評価が付けられている場合もありますから、良い評価にも目を通して総合的に判断することが求められます。

写真の枚数で売れ方も変わる

カメラ

出品する際は掲載写真の撮り方に加えて、枚数でも売れ方が変化します。

室内照明や自然光任せではなく、良く見える方法を考えて撮影すると、購入者にとって商品がより魅力的になります。

商品はなるべく床に置かない、実際に使っているシーンの写真を掲載するなども売れ方をアップさせます。

購入者は少しでも多くの商品情報を求めているので、写真の枚数を単純に増やすだけでも違います。

売れ方を改善したいのであれば、正面ばかりを違った角度で撮影するのではなく、全体を各1枚ずつ撮って掲載すると効果的です。

具体的には正面や両サイドを始めとして、裏側や内側も撮影すると喜ばれます。

人によって写真の確認点は違いますから、アップや全体像も交えると参考になって売れ方に影響します。

写真の掲載枚数は限られているので、写真が増えたら厳選したり、複数枚を1枚にまとめることが必要です。

また写真が多過ぎても判断を迷わせてしまうことから、必要性と情報量を考えながらバランス良く掲載するのがコツです。

トラブル回避・発送は「メルカリ便」

宛名書き
メルカリ便は宛名書きが不要なので、宛先を書き間違えて届かないといったトラブルがありません。

送料は全国一律ですから、商品の大きさに対して送料が高いと言われる心配がなくなります。

更に対応サイズはA4から160センチサイズまでで、配送状況は追跡や確認が行えるので便利です。

しかも匿名配送に対応していますから、相手と個人情報のやり取りを行いたくない場合にも役立ちます。

極めつけは配送補償制度で、万が一商品の紛失や破損が発生しても、メルカリが全額補償してくれるので安心です。

取り引きが始まったら商品を箱に詰めて、後は集荷を待つだけととても簡単です。

手間が掛からず安心安全ですから、トラブルを回避したいならメルカリ便の選択が合理的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です