メルカリでよくあるトラブル

ヘルプ

トラブルがあった際の鉄則とは?

メルカリでは、売りたい人と買いたい人がインターネットを介して個人買いで取引します。

メルカリという会社を通じてはいますが、トラブルがまったくないわけではありません。

トラブルは売る側でも買う側でも起こります。

もし、トラブルにあってしまった際は、受け取り評価などを絶対にしないというのが鉄則です。
評価

取引メッセージから、返金やキャンセルをしたい旨を伝えるのが大切です。

もし、相手との連絡が付かない場合は、泣き寝入りをするのではなく、事務局に問い合わせてみましょう。

メルカリから返金などの対応を得られることもあります。

何かトラブルがあったときには、メッセージを送ったり、自分からアクションを起こすことも大切です。

不良品や偽物が届いた際の対処法

メルカリで買ったものが、不良品であったり、ブランドの偽物だったということもあります。

不良品

そのような場合は、受け取り評価をせずに、出品者に対して返品もしくは返金したい旨を取引メッセージから送りましょう。

出品している中には、ノークレーム、ノーリターンと記載されているものもありますが、不良品や出品しているものと異なるものが届いた場合には、出品者に対して対応しなければいけない義務が生じます。

メッセージで返金や返品の対応を受け付けてくれればそのまま話を進めればいいのですが、稀にメッセージへの返信が来ないなど音信不通なってしまうことがあります。

中には、原因を調べているといった言い訳ばかりで具体的な返金などの話に進まないこともあるでしょう。

そのような場合は、メルカリの事務局に問い合わせてみましょう。

具体的な内容を伝えて、相手が対応してくれないことを伝えれば、事務局が相手に対して対応してくれることもあります。

受取評価がされない場合の対処法

メルカリでは商品の発送は個人間で行われますが、金銭の授受はメルカリを通して行われます。

運営が間に入ることで、口座番号を知られないというメリットがあります。

代金授受

けれども、出品した人が商品を発送して、買った人が受け取り評価をしなければ売上は加算されない仕組みになっています。

いくら、買った人が支払い済みであっても、受け取り評価がなければ売上にならないということです。

中には、うっかり評価を入れるのを忘れてしまったという人もいますが、到着している頃なのに評価が入らない場合は取引メッセージから連絡してみましょう。

連絡がこない場合は、メルカリ事務局に問い合わせを行うようにします。

こうすることで、売上につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です